【君の名は。】を1分ずつ解析する!

【君の名は。】を1分毎に解析してみようと思ってしまった人の成れの果て

46. 半分の月がのぼる空〜未来と過去・光と闇〜(45:00〜45:58)

スケッチをしまくる瀧の心は。

 

今回のポイント

半分の月がのぼっている空。

 

糸守の記憶のスケッチ

記憶をたどって糸守の風景を描く瀧、山や建築系の書籍を見つつ書き続けています。描き直す為に消しゴムを使う手にも力が入ってしまうようです。糸守の風景を意識するのは瀧の部屋の中だけでなく登下校中でも気にするような表情を浮かべ、日常の生活を送りつつも毎晩スケッチに勤しんでいます。

 

欠けていく月

f:id:jugglertaku:20180523124253p:image

©︎2016「君の名は。」製作委員会

空の風景、クレーン車と月が映し出されています。直近で月が登場した前回の投稿の段階では満月でしたが、このシーンではまもなく半月になろうとする頃、おそらく奥寺センパイとのデートから1週間程度経過した頃だと思われます。

前回、月は三葉と瀧を表しているのではないかと書きましたが、半月になったというのがまた意味深です。月が見えるのは左側、すなわち未来側なので、見えなくなった部分は過去、つまり三葉側の時代で何か真っ黒い出来事があるということを象徴しているのではないかと考えます。半月に関するお話は、また数回後の投稿でも出てきます。

 

完成したスケッチ

再び瀧の部屋、彼は机で眠ってしまったようです。スケッチを見るとどうやら完成しているようです。ほぼ完璧な糸守湖が描かれています。上手い。

この後の展開でわかりますが瀧は糸守湖という名称や場所はわかっていません。にも関わらずこの絵が変えたというのは凄い記憶力だと思います。ただでさえ夢の中の記憶は薄れていってしまうものなので、その状況でのこのクオリティ、恐るべしです。

そして夜が明けて…

 

 

今回のまとめ

・瀧の糸守への想いが強い。

・月は三葉側に何かあったという象徴。

・瀧の記憶力すごい。