【君の名は。】を1分ずつ解析する!

【君の名は。】を1分毎に解析してみようと思ってしまった人の成れの果て

39. 大人の女性が魅せる余裕と女子高生の涙(38:00〜39:02)

瀧のデートと、デートできなかった少女のお話。

 

今回のポイント

 瀧の起床時間と集合時間と最寄駅の関係。

 

待ち合わせ場所に向かう瀧

 デートの待ち合わせ場所に向かって走る瀧のシーンから。彼が向かうのは四ツ谷駅です。20回目の投稿で、立花家の最寄駅は四ツ谷駅だと書きましたが、その根拠がここのシーンです。起床10:15で集合10:30で走ってギリギリ間に合う(?)距離ならば最寄駅でしょう。しかし東京は駅が多いですから本当の最寄駅かどうかは断言できないのが悔しいところです。

デートの待ち合わせ時間や場所を回想として話していた三葉は、彼女自身がデートしたかったのに入れ替わらず悔しいご様子。髪を指に巻いてクルクルする仕草は可愛い。

 

駅に到着した瀧は猛ダッシュしたため息が荒いご様子。駅前で奥寺センパイを探していると、背後からセンパイが登場します。ここの登場シーン、なかなかホラーです。瀧の前を通ってカメラを遮った瞬間に奥寺センパイが現れますが、それまでカメラに映らないように瀧に近づくのは死角が少なく至難の技、イリュージョンのトリックとして実現方法を検証するのも面白いかもしれないシーンです。

f:id:jugglertaku:20180303134308p:image

©︎2016「君の名は。」製作委員会

突如登場した奥寺センパイに驚く瀧、動揺しまくります。この日のセンパイのコーデは全体を白と茶色で揃えて秋の色を出しつつ、(おそらく)10月と言えども(今度根拠を書きます)残暑が残る中で涼しさを感じさせるファッションで大人な女性を感じさせます。

 

デートしたかった三葉の本心

 「待った?」と問う奥寺センパイ、瀧は「今来たところ」と伝えます。本当に今来たところです。そして「行こっか」と言いつつ瀧の手を取る奥寺センパイ。完全に大人の余裕を出して主導権を握る感じになっています。

そんな状況を知らないけれどもデートを羨む三葉、登校準備をしています。瀧は10:30にデートなのに三葉は登校するという状況、二人が生きる時間のズレにより曜日が違うため起こる状況です。何故か映画初見時には気づかなかった…。

組紐で髪型を作るときに自分の顔の異変に気付く三葉、涙がこぼれ落ちています。何故でしょう?その理由は、また次回。

 

今回のまとめ

 ・立花家から四ツ谷駅まで15分以内で着く距離。

・奥寺センパイやっぱりオシャレ。

・何故か三葉も泣いている。

 

 

君の名は。

君の名は。

 
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)