【君の名は。】を1分ずつ解析する!

【君の名は。】を1分毎に解析してみようと思ってしまった人の成れの果て

34. おっぱい大好き瀧VS抵抗する三葉(33:00〜34:06)

ブラをして瀧対策を講じた三葉の胸の運命や如何に。

 

今回のポイント

三葉と入れ替わった瀧が着替えた服装。

 

三葉の胸の運命

前回、今まではノーブラで寝ていた三葉がブラをして寝ることで、瀧対策を講じたことに触れて終わりました。

四葉が三葉を起こしにくると、三葉と入れ替わった瀧は残念ながら(予想通り?)胸を揉みしだいていました。ブラの上から。今回は四葉が話しかけている最中でさえ揉んでいます。瀧おっぱい大好きですね。四葉もそう言っていることですし… さて四葉の髪留めですが今日はウサギさんです。現状、29回目の投稿の時のみネコさんの髪留めで、この時のみ瀧と三葉が入れ替わっていないです。瀧と三葉が入れ替わっているときは全てウサギさんの髪留めでふ。この意味は謎です…

四葉がピシャリと戸を閉めた後も胸を揉みしだく瀧、ホントおっぱいが好きですね。

 

時間のズレの予兆?

居間ではテレビを見る四葉と一葉さん。ティアマト彗星の話題がニュースで取り上げられているようです。ここで瀧と入れ替わっている三葉登場。おそらくこの日は2013年9月27日か28日のどちらかだと33回目の投稿の時に予想していましたが、その根拠の一つがこの三葉の服装と四葉の発言です。三葉は制服を着て居間に現れますが、四葉に何故制服を着ているのかと問われます。このような質問をするということは、本来この日は制服を着る必要がない日、すなわち土日ということが予想できます。具体的な日付の根拠は後ほど書きます。

しかし何故瀧は制服を着たのか。それはおそらく2016年では平日だったからでしょう。しかし糸守は2013年、曜日にズレが生じています。徐々に3年のずれの存在が滲み出ています。時間のズレを暗示するかのように、テレビに映る内容はティアマト彗星の話題です。…この短時間のシーンで結構な伏線が生み出されているように感じました。

 

いざ御神体

清流に赤く染まった落ち葉が浮かぶ風景から。川は時間経過、落ち葉は人を暗示しているのではないかと思います。人は時間の流れに身を任せて生きている、という感じを想像しますが、後ほど落ち葉が意味ありげな挙動を見せます。

f:id:jugglertaku:20180125125858p:image

©︎2016「君の名は。」製作委員会

見事な紅葉が広がります。実は前述の御神体を訪れる日付が2013年9月27,28日と言う根拠の一つがこの紅葉です。2013年の岐阜の紅葉は概ね10月上旬〜だったようですが、作中で彗星が落ちるのは10月4日(金)です。これを踏まえると、最も紅葉が見頃な隕石落下前の土日…という考えです。合ってるかな〜どうかな〜

 

御神体は山登りから。四葉が何故こんなにも遠いのかと嘆きます。どうも繭五郎さんのせいらしいです。繭五郎さんは14回目の投稿で登場しています。火災で町一帯が丸焼けになったそうです。この事件を踏まえると、御神体は元々は町の近くにあり、火災で危険に曝されてしまったと思われます。そのため安全な山奥に御神体を移動させたのだと想像します。しかし、何故移動先が山奥だったのか。これはまた次回書きたいと思います。

 

三葉と入れ替わっている瀧、当然繭五郎さんを知りませんので四葉に聞きます。それに驚く四葉、ここでちょっと調子に乗ったのか、有名だよと瀧に教えています。繭五郎の大火の話は3週間くらい前に聞いたはずですが、それを覚えていたのを得意げに自慢したいお年頃なのでしょう。かわいい。

瀧は一葉さんをおぶろうとしゃがみます。しかし身体は三葉のため力が入らなかったのか、おぶった直後にバランスを崩します。ヒヤリ。この行動、序盤の立花家の様子を見るに父親と瀧の二人暮らしのため、祖母の存在が非日常に感じるのだと思います。それが瀧にこの行動を起こさせたキッカケなのかなと思います。

 

今回のまとめ

・ブラの上だろうと胸を揉みしだく。

・ニュースと制服から垣間見える時間のズレの伏線。

・川は時間の象徴。

・おばあちゃんの存在が非日常に感じる人もいる。