【君の名は。】を1分ずつ解析する!

【君の名は。】を1分毎に解析してみようと思ってしまった人の成れの果て

11. オカルト予想が正解に近い説(10:00〜10:56)

校庭で3人がお話するシーンを中心に。

 

今回のポイント

エベレット解釈を解釈すること。

 

オカルトを真面目に噛み砕く

別の人の人生の夢を見ていたような気がしてくる三葉。それに対し、てっしーは前世の記憶では!?などと雑誌を見せながら熱弁します。前世の記憶〜は主題歌の前前前世に掛けてる可能性は感じます。例えば本当に前世の記憶だった場合、「三葉の前世は瀧」という、時間空間を考慮すると現世と前世が同じ時代で生きるという何とも不思議な状況になります。

てっしーが提示したもう一つの可能性「エベレット解釈」は、「三葉の前世は瀧」という解の補足としては正解に近い感じがします。エベレット解釈についてはwikiへのリンクを貼らせていただきます。

 エヴェレットの多世界解釈 - Wikipedia

「三葉の前世は瀧」という説を一旦置いておくとしても、本編では過去の出来事を変えようとする内容が含まれるので、エベレット解釈に基づくマルチバース云々を語ったてっしーは良い感じにニアミスをしているように感じました。

エベレット解釈をまだ完全に理解できていないため、書いた内容が正確でないかもしれません。

 

儀式のストレス?

てっしーがオカルト的予想をする一方、さやちんは例の儀式のストレスによる疲れと予想しています。例の儀式とは、三葉と四葉が衣装を纏って舞い、口噛み酒を作るあの儀式。年頃の乙女がやるにはやはり精神的なストレスは大きそうです。しかし「昨日はやばかった」理由としては違うようです。

 

 「昨日はやばかった」理由から一旦離れて会話を聞いてみると、どうやら三葉は高校を卒業したら東京に行くという希望があるようです。狭くて濃い町、糸守町。ちょっと行ってみたい気分になるキャッチフレーズです。そんな会話をしている時に描かれるものは、またしても鳥です。

f:id:jugglertaku:20171004212402p:image

©︎2016「君の名は。」製作委員会

鳥については、6回目の投稿でも書きましたが瀧と三葉を表しているのではないかと思いました。このシーンでは1羽だけ、湖の上を左側から反時計回りに飛んでいます。左、つまり未来側から時間を遡る方向に飛んでいるので、このシーンの鳥は瀧を象徴する鳥だと推測します。では何故ここで瀧を象徴する鳥が出てくるのでしょうか。おそらくポイントは三葉が早く東京に行きたいということ。この後三葉は入れ替わった状態とはいえ東京の地に立ちます。その入れ替わる相手、すなわち瀧のことを匂わせているのではないでしょうか。こう予想してみましたが、あまり自信がありません!!

 

今回のまとめ

・てっしーのオカルト予想が実は正解に近いのでは。

・三葉は早く東京に行きたい。